年を重ねると聴力が衰え、聞こえにくくなる。耳から入る音が減り、脳への刺激が少なくなれば、認知機能が低下するリスクも高まる。補聴器を正しく使う必要があり、リハビリとして取り組む医療機関も出てきた。聞き取りやすいように話しかけるなど、周囲の理解も求められる。

情報源: 補聴器、リハビリで正しく使うには:朝日新聞デジタル