厚生労働省は訪問介護サービスの使いすぎを抑える。有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅(サ高住)など訪問介護事業所が併設された集合住宅に住む人について、利用額の算定方法を見直し、介護保険の範囲内で使える回数を減らす。現在は事業所が併設された住宅に住む人が多く使える仕組みになっており、不平等を是正する。 訪問介護は介護福祉士やヘルパーが利用者の自宅を訪問し、食事などの身体介助や、掃除や調理などの生活援助を手掛ける。・・・高齢者住宅の利用者には限度額いっぱいまで訪問介護サービスを使っている人が少なくない。ルール見直しに伴って限度額の範囲内で使える量が減る。利用者は優先度が低いサービスの利用を減らしたり、自己負担を増やしたりして対応することになる。

情報源: 日経電子版