高齢者にとって心配事のひとつが財産をいつまで自力で管理し続けられるかという問題です。例えば賃貸アパートを営んでその収入で暮らしているような人は自分がいつか病気になって賃貸管理ができなくなるのではと不安でしょう。元気なうちに子どもらに財産管理を託す方法として「民事信託」という仕組みが最近注目されています。どんな仕組みなのでしょうか。

情報源: 高齢者の財産管理に民事信託 元気なうちに子供名義に|マネー研究所|NIKKEI STYLE