野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:前田 研一)は、11月1日、東京都と「都と事業者との連携による高齢者等を支える地域づくり協定」(以下、本協定)を締結いたしましたので、お知らせいたします。今後、本協定に基づき、東京都内の高齢者等の見守り活動を実施してまいります。

2017年現在、都内の65歳以上の高齢者は約305万2千人、総人口に占める割合(高齢化率)は 23.3%と年々増加しています。東京都は、高齢者の方が地域で安心して生活できるよう、都内で広域的に活動する民間事業者と本協定を締結し、以下の取り組みを行っています。
(1)高齢者等に対する「緩やかな見守り」の実施
(2)認知症の方やその家族を支える地域づくりへの協力
(3)高齢者等の消費者被害の防止
(4)その他地域活動支援等

・・・

情報源: 野村不動産グループPRESSRELEASE – 20171106.pdf