神奈川県内でおせち料理商戦が本格化してきた。最近の人気は1段重などの少人数向けだ。核家族化の進展やシニア層の増加により、来店客からは「多くの量は食べられない」「好きなものを少しずつ食べたい」との声が目立つ。こうした消費者ニーズを取り込もうと、各社とも知恵を絞っている。・・・

情報源: 来年のおせち、「少人数」狙え:日本経済新聞