・・・「老後破産」という言葉の認知度がだいぶ上がってきたようですが、会社員はそれほど心配することではありません。というのも、実は会社員の加入している厚生年金の保険料には国民年金の保険料分も含まれており、老後に2つの年金がもらえるからです。会社員の夫と専業主婦の場合、受給額は現在の見込みでは月22万円程度になります。 住宅ローンの返済が終わり、子どもが社会人になった後、夫婦2人が過ごす老後であれば、家計の出費は現役世代より大きく下がります。22万円といっても税金や社会保険料も現役世代と比べれば大きく下がるので、負担は軽く、家計の基礎的な支出はやりくりできる水準です。 しかし自営業者、フリーランス、個人事業主の老後はかなり厳しいものになります。・・・

情報源: 自営業やフリーランス、老後破産しない年金活用法|マネー研究所|NIKKEI STYLE