生活者が予想する来年のヒット商品予想の1位は「格安スマホ」2位「高齢ドライバーの事故防止策」と「宅配ボックス」。自分ひとりでなんとかすることを支える商品・サービスの人気が高まっている。「ひとり助け」商品・サービスの需要の背景には高齢化や単身・共働き世帯の増加がある。

情報提供:日経MJ 11月20日