成熟したイメージが強い日用品市場。実は洗剤やオーラルケアなどでは成長する商品が多い。けん引役は“お一人様”や活動的なシニアだ。これまで日用品の消費単位といえば「家族」だったが、メーカー各社は好みの多様化を受けて「個人」に照準を合わせ始めた。 家庭用洗浄剤分野で近年、ヒットしているのが柔軟仕上げ剤だ。・・・

情報源: ミクロデータは語る(中)日用品 お一人様・シニアがけん引:日本経済新聞