“焼き物の町”長崎県波佐見町で、陶芸体験ができる民泊を始めた松﨑康則さん(66歳)と久美さん(65歳)が主人公です。
康則さんは波佐見町の出身。この町では、主要産業である焼き物作りに、分業で多くの人が関わっていて、松﨑家も原料となる土を仕入れ、機械と型で器の形成をする仕事をしていました。康則さんは高校卒業後、長崎市の造船所に就職しますが、久美さんとの結婚を機に帰郷し、家業を継ぐことになりました。次第に「せっかく波佐見町にいるなら、自分の器を焼きたい」という思いが芽生えた康則さん。久美さんと共に絵付けやろくろを学び、窯を構えて、趣味で焼き物工房を始めます。夫婦の名前から一文字ずつ取り「美のり窯」と名づけました。個性的な絵柄の器が評判を呼び、徐々にご夫婦の工房が知られるようになると、思いがけず民泊の話が舞い込みます。「波佐見焼の良さを知ってもらう機会になれば」と引き受けることを決め、2014年に、陶芸体験ができる民泊を始めました。
民泊「美のり窯」で焼き物と共にもうひとつ人気なのが、長崎の新鮮な海の幸を使った食事。釣りが大好きな康則さんが自ら船に乗ります。この日は、ちょうど旬を迎えた鯛を狙います。お客様の喜ぶおいしい魚は釣れたのか…?
“焼き物の町”で「自分たちの器を作りたい」と一念発起。さらに民泊を始めたことで、焼き物と故郷への愛着を強くしたご夫婦の、充実した第二の人生を紹介します。

11月25日(土) 18:00~18:30 (30分) テレビ朝日系

番組情報:人生の楽園「長崎・波佐見町~ 海の幸と陶芸楽しむ宿 ~」