千葉県内の商業施設が「体験型」のサービスを提供する売り場づくりを急いでいる。そごう千葉店は25日に改装開業する別館に、雑貨などの製作を体験できる工房や共有オフィスを開く。ラオックスは12月に千葉市内の複合商業施設に劇場を新設する。電子商取引(EC)の市場拡大で物販が苦戦を強いられる中、体験型の「コト消費」の需要を取り込む狙いだ。 そごう千葉店は25日、別館「ジュンヌ」を改装開業する。・・・

情報源: 千葉の商業施設、「体験型」売り場相次ぐ:日本経済新聞