「最近、味を感じなくなってきたが、そのうち元に戻るだろう」「ひとり暮らしの老親の食が細くなり、気力も体力も衰えてきたようだ。悲しいけれど、年だから仕方がないか」。……そう決めつけるのは、ちょっと待った! もしかしたらそれは、亜鉛不足による味覚障害かもしれない・・・

ひとり暮らしで孤独に食事をする高齢者は、食事の品数が少なく、メニューも片寄りがちのため、亜鉛欠乏を起こしやすい。ところが味覚障害を起こしても、味付けを濃くするなど自分で調整してしまうので、障害があることに気付きにくい。それでもなんとなく料理がまずいので食欲がなくなり、食欲がなくなると食が細り、栄養がますます偏ってしまう。そしてたんぱく質やカルシウムが不足すると、筋力不足や骨粗しょう症を起こしやすくなる。・・・

情報源: 味がしない、食欲がない… それは亜鉛不足かも|ヘルスUP|NIKKEI STYLE