フジ医療器(大阪市)は世界で初めてマッサージチェアを量産した。創業以来磨いてきた「もみ技」は業界最多で、トップシェアを維持する。時代によって身体の「凝り」は異なるが、先端技術を取り入れ、多くの人を癒やし続ける。・・・

GfK Japanによると17年上半期の家電量販店でのマッサージチェアの販売シェアは48%と首位。全国農業協同組合連合会(JA全農)の指定メーカーで、独自の販路でシニア層を押さえる。「購入層の6割が60歳以上。JA全農の会員と重なる」(中西社長)。高齢社会を商機とみてさらなる成長を狙う。・・・

情報源: 「マッサージ機 業界首位」フジ医療器 もみ技41種類 体感し開発:日本経済新聞