日本の約4割の人は、日本人男性の寿命を実際よりも短く認識し、平均寿命よりも若い年齢で死亡すると思っている。そして、約2割の人が依然として国の年金給付能力を過大に評価している。 これはエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU、英誌エコノミストの調査部門)による調査で明らかになった事実だ。・・・

情報源: 老後への認識向上が不可欠 サシン・N・シャー氏 メットライフ生命保険 会長兼社長:日本経済新聞