古民家を再生して宿泊施設やレストランなどに活用する動きが広がっている。古河市の団体は、古い木材が使われている家屋の価値を評価する「古民家簡易鑑定士」の育成を、シルバー人材センターを対象に始めた。日本の伝統的建築を残すとともに、2020年東京五輪の訪日観光客を呼び込むなど地方の活性化につなげたい考えだ。・・・

情報源: 古民家再生へ鑑定士 高齢者を対象に育成 観光活用、古河で本格化 – 茨城新聞クロスアイ