近年、街で見かけることが増えてきたキャンピングカー。普及に伴って「週末に郊外へ」といった本来の使い方に加え、住まいの一部としての可能性に着目する動きが出てきた。自宅の駐車場で父の書斎になったり、子どもの隠れ家となったり。「移動できる離れ」を普段使いする所有者を追った。・・・

情報源: キャンピング車 自宅の一部に 書斎や子の遊び場に変身:日本経済新聞