田野町は12日から、ふるさと納税の返礼品として、町内で暮らす高齢者の生活状況を確認する「郵便局のみまもりサービス」を始める。故郷に親を残して都会などで働く人たちに寄付してもらい、住民福祉の向上を目指す狙いだ。 日本郵便四国支社によると、徳島県那賀町に続いて四国で2例目。県内では初めてという。 町の75歳以上の高齢者約660人のうち独り暮らしは約220人。寄付者が指定した高齢者などの自宅を、郵便局員が毎月1度、訪問して、体調や食事、心配事を聞き、写真を撮影。その様子を家族など寄付者に報告するという。・・・

情報源: 高知)ふるさと納税返礼に高齢者見守りサービス 田野町:朝日新聞デジタル