前例のない製品や業態の確立には、思うように進まない時間をどう乗り越えるかが課題となる。女性誌、日経ウーマン(日経BP社)が選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」を受賞した2人は柔軟な発想で新たな価値を打ち立てた。困難なプロジェクトをやり抜く力はどこから来るのか。・・・

情報源: ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018 諦めず、信念貫く|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE