日本の大人用紙おむつが、海外から注目されている。世界に例を見ない速さで高齢化が進む日本のおむつは、薄いのに吸水性が高く、種類も豊富。外出しやすいのも特徴で、メーカーにはアジアを中心に、問い合わせや勉強会の依頼が相次いでいる。

最大手ユニ・チャーム(東京)は今年、台湾とインドネシアから講師派遣の依頼を受けた。11月には台湾の3都市で、介護セミナーに社員が招かれた。日本のおむつについて説明すると、「吸水力がすごい」「普段通り動ける工夫がされている」などの感想が相次いだ。「一人で歩ける」「歩けないが座れる」などの状態に応じ、大手メーカーがそれぞれ約30種類を開発していることや、高い消臭効果にも驚きの声が上がった。・・・

情報源: 「薄い」「吸水力すごい」…大人用紙おむつ、アジアで人気 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)