排便の回数や量が減る「便秘」に悩む人は、高齢になるほど増える。食事や水分、運動量が減るなど生活習慣の変化が影響するようだ。食物繊維の多い食事を心がけると、よいという。ただし、深刻な病気が隠れていることや薬が原因になることもあるため注意が必要だ。

東京都内の80代の女性は、心不全の治療のため利尿薬を使うようになり、便秘に悩むようになった。心不全になると、余分な水分がたまりやすくなる。心臓に余計な負担がかかるため、水分を除く目的で利尿薬が使われるが、その一方で水分が減って便秘も起きやすくなるという。・・・

情報源: 年齢ともに増える「便秘」、生活習慣が影響:朝日新聞デジタル