演劇は社会を映す鏡。かのシェークスピアはそう考えたそうだ。17世紀のロンドンにあった本拠の劇場の名はグローブ座、これを地球座と訳すこともある。「世界はすべて舞台」といった賢者の言葉が命名をうながしたとされる。超大国の指導者が激烈な言葉を発し、反発した相手が聞くもおぞましい言葉で応じる。そんな「世界」の今は、虚構であるはずの舞台にも映りでずにはいない。・・・

情報源: 不寛容・虚妄の連鎖と闘う言葉 2017年演劇回顧|エンタメ!|NIKKEI STYLE