会社は退職しても資産運用からは引退しないのが重要だ。では、どうやって退職後の資産運用を考えればいいだろうか。日経マネー誌の連載でおなじみ、フィデリティ退職・投信教育研究所所長の野尻哲史さんに、どのように老後資金を作るべきか聞いた。
◇ ◇ ◇
 ──老後資金をどれだけ作ればいいのか、悩む方は多いですね。

フィデリティ退職・投資教育研究所のアンケートでは、退職金以外に3000万円ぐらいを老後資金として持っている必要があると答える人が一番目立ちました。しかし、これは「自分が用意できる金額」として答えた人が多いように思います。実際は・・・

情報源: 投資は75歳まで続けよ お勧めはバランス型投信|マネー研究所|NIKKEI STYLE