明治政府が掲げた「家父長制」。女性に家庭を守らせ男性の労働力を投入し、経済を陰から支えてきた。人口減少に転じ、女性の力が欠かせない今なお、性別役割分担の意識が残る。家族の構造改革は待ったなし。目指すのは、他者とつながり男性と女性の役割を固定しない「柔家族」だ。 ▼維新キーワード 家父長制 鯉(こい)のぼりは、父(黒)、母(赤)、子(青)が基本形だが、明治時代は父と子の2匹だけだった。童謡に「大き…

情報源: 「柔家族」のススメ 家事外注が生む絆:日本経済新聞