埼玉県の上田清司知事は2018年を迎えるにあたってインタビューに応じ、今年は生産年齢人口の減少への対応に重点を置く方針を示した。知事は「大事なのは未来を見据えて先手を打つこと」と述べ、人工知能(AI)やロボットを活用した業務の効率化や高齢者の活躍推進、先端産業の育成などによって「稼ぐ力」を強化していく考えだ。 上田知事は将来の産業基盤を育成するため、14年度からナノカーボン、医療イノベーション、…

情報源: 埼玉県の上田知事、高齢者の活躍推進に意欲:日本経済新聞