システム開発のインフォファーム(岐阜市)は高齢者世帯に食事を効率的に配達できるシステムを開発した。多数の高齢者宅への配達ルートを自動的に作成するほか、食べ残しのデータから高齢者の好みや健康状態を分析する機能を持たせた。岐阜県内の事業者と4月から実証実験を始める。 同県の補助金を活用し、新システムを開発した。配達員が持つスマートフォン(スマホ)に道順を表示することで、多くの高齢者宅に効…

情報源: インフォファーム、食事宅配の効率化システム開発:日本経済新聞