平均寿命が延び「人生100年時代」が到来すると、定年を迎え横並びでリタイアするのではなく、気力・体力が許す限り働き続ける人や、新たな知識やスキルを習得して再スタートをきる人が増えそうだ。第一生命経済研究所の的場康子上席主任研究員は「多様な生き方が求められる生涯現役社会になる」と予想する。 国の財政悪化で将来の年金の支給開始年齢が上がることも予想され、「生活のために働き続ける…

情報源: 長寿見据え備えを:日本経済新聞