年齢とともに老化する歯や歯ぐきは、お口の中のトラブルだけでなく、さまざまな病気の原因に! こうしたリスクを毎日のセルフケアで防ぐために、歯科医の西原郁子先生にデンタルケアの極意を取材しました。
  ◇   ◇   ◇  
「興味深いデータがあります。ある雑誌で55歳から74歳までの1060人に行った“今、何に後悔していますか?”のアンケートで、1位になったのは“タバコをやめればよかった”でも“暴飲暴食をしなければよかった”でもなく、“歯の定期検診を受ければよかった”なのです」(西原先生、以下同) 
歯が悪くなってから治療するのではなく、定期検診はとても大切。でも、それ以上に大切なのは、自分自身で行う毎日のデンタルケア! 正しいデンタルケアの習慣を、ぜひ身につけよう。意外とできてない!? 

まずは基本の歯磨きをマスター
■磨いてるつもり
「歯の磨き残しを確認する歯垢染色剤を使うと、ほとんどの患者さんは、口腔内のあちこちに磨き残しがあります。磨いているつもりでも、正しい歯磨きができている人は、ごくわずかといえます」・・・

情報源: 高齢者が『後悔していること』1位は歯! 今日からできる歯の寿命をのばす習慣とは | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する