日本経済新聞は全国814市区の首長に対してアンケートを実施した。人口減少や新技術の登場など自治体を取り巻く環境が変化するなか、課題への対処法などを聞く総合的な調査。家や車などを貸し借りする「シェア経済」については26%が導入・検討と回答し、空き家問題については十分に対応が進んでいないことがわかった。主な調査結果を紹介する。 アンケートは全国の市と東京23区の首長に2017年10~11月に日経リサ…

情報源: 全国市区の首長調査 シェア経済「導入・検討」26%:日本経済新聞