ポイント
○人口増加は経済成長の大きな要因でない
○終戦直後には人口過剰問題への懸念強く
○生産性の継続的な上昇を促す経済政策を

2018年はいろいろな意味で節目の年である。世界金融危機から10年、日本の銀行危機のピークからも20年になる。そして平成の時代は30年目を迎え、19年には元号が改まることになった。 また中国の改革開放が始まったのは40年前であり、全世界で反体制のデモや暴動が広がった「動乱の1…

情報源: 時代の節目に考える(4) 人口減・高齢化言い訳にせず:日本経済新聞