久保田早紀の名で「異邦人」を大ヒットさせ、一躍スターとなった久米小百合さん(59)。短大卒業後、21歳で突然脚光を浴び、喜びよりも戸惑いの方が大きかったという。芸能界を5年で引退。自分の音楽の原点を探り、聖書の世界を歌で伝える音楽宣教師の道へ。現在、チャペルコンサートを中心に、東北支援やカルチャー教室での指導などを行っている。「異邦人」の重圧による苦悩から、自らの歩む道を見出した半生を伝える。

1月19日(金) 11:00~11:45 (45分) NHKEテレ

番組情報:あしたも晴れ!人生レシピ「名曲“異邦人”を超えて~音楽宣教師 久米小百合~」