野村証券で投資信託ビジネスを統括する水野晋一執行役員に、金融庁が求めている「退職世代等への金融サービス」の在り方や「顧客本位の業務運営」(フィデューシャリー・デューティー)への取り組みなどについて聞いた。
■運用しつつ取り崩し、資産の寿命を延ばす
――2018年の投信販売の注力点は。
「顧客中心に考えることが最も重要だ。当社は12年8月以降、ビジネスモデルの転換を図り、販売側や供給側(の視点)では…

情報源: 「人生100年時代」の解決策を 野村証券の水野執行役員:日本経済新聞