今月はつみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)について紹介してきました。最終週のテーマは「他の制度と組み合わせてみる」です。
米国のファイナンシャルプランナーの間で近年流行している運用の考え方の一つに、「アセット・ロケーション」があります。株式や債券の資産配分を最適化する「アセット・アロケーション」に語感が似ていますが、こちらは文字通り資産(アセット)の「置き場(ロケーション)」を重視する考え方。特に重視されているのは税制優遇のある口座の有効活用です。
税制優遇口座というと、iDeCo(個人型確定拠出年金)、財形貯蓄が代表例。それでは、つみたてNISAと相性のよい制度はどちらか考えてみましょう。
■iDeCoと併用する場合は満額にこだわらない
まず比較してみたいのはiDeCoです。iDeCoとつみたてNISAはいくつかの点で・・・

情報源: つみたてNISA、iDeCoとの相性は? 併用術を考える|マネー研究所|NIKKEI STYLE