農産物の生産だけでなく加工、販売まで手掛ける「6次産業化」が叫ばれて久しい。群馬県渋川市の赤城深山ファームも6次産業化を進めるそばの大規模生産者だ。これまで加工設備、保冷倉庫などに計2億円以上を投じた。製粉まで手掛け、全国の約160店にそば店に直接販売する。
◆社長の高井真佐実さんは人なつっこい笑顔が印象的な67歳。都内でそば店を経営していたが、「そば店が本当に求めるものを生産したい」と2005年…

情報源: 耕作放棄地と高齢者(時流地流):日本経済新聞