寿命が延びれば延びるほど、退職後の老後の時間は長くなり、必要なお金も増える。そのためには、資産運用だけでなく「生涯現役」の覚悟で働き続けるのも大事なことだ。国際金融小説『マネーロンダリング』などを執筆した作家の橘玲(たちばなあきら)氏は、「資産運用だけで老後は過ごせない。定年後も働き続けることがベストな選択」と話す。
前回お話ししたように、女性の働き方にしても老後にしても、これまで当然とされてきた「専業主婦」や「悠々自適の老後」という価値観は変わっていますし、経済的にも割が合わなくなってきている(前回記事「年収800万円の人生戦略 最適解は共働き(橘玲)」)。この10年でそういう現実みたいな・・・

情報源: 定年はなくなる 生涯現役だけが安心老後の道(橘玲)|マネー研究所|NIKKEI STYLE