東京都品川区は一人暮らしの高齢者の転居を支援する事業を2018年度に始める。不動産業者と協定を結び、緊急時に駆けつける親族などの保証人がいなくても高齢者が転居できる仕組みをつくる。入居後の安否確認から死後の家財処分、葬儀の手続きまで一括対応するのも特徴だ。自治体が高齢者の生活を包括支援する試みは全国でも珍しいという。
高齢者の住宅生活支援サービスとして、今夏に事業を始める。運営は品川区社会福祉協…

情報源: 品川区、単身高齢者の転居を手助け 不動産業者と協定 保証人不要/入居後の安否確認:日本経済新聞