埼玉県産業振興公社は創業・ベンチャー支援センター埼玉(さいたま市)で、毎週水曜日に50歳以上を対象に起業相談に応じる「セカンドキャリア(シニア)創業相談会」を始めた。仕事の経験や人脈を生かして起業したいという相談が増えているため支援を強化する。
おおむね50歳以上を対象とし、中小企業診断士の専属アドバイザーが1回あたり2時間応対。開業に必要な手続きや事業計画の作成、資金調達方法などについて助言する。午前10時、午後1時、午後3時からの3回で、事前予約が必要。相談料は無料だ。
同公社は「趣味を生かしたいといった人や、起業のイメージが固まっていない人も大歓迎。多くの人に気軽に利用してほしい」と話している。

情報源: 埼玉で50歳以上の起業相談会、毎週水曜:日本経済新聞