イオンは週1回、決まった曜日に食品などを届ける定期宅配事業に参入する。生活協同組合(生協)が得意のモデルで高齢者や共働き世帯の増加に対応する。大手小売りは注文の度に配送するネットスーパーに注力してきたが物流の負担が大きく、米アマゾン・ドット・コムなどとの競争も激化。イオンは配送効率が高い定期宅配も手がけて、需要を取り込む。
全国主要65生協の宅配供給高は2016年度で1兆7730億円。そのうち個…

情報源: イオン、定期宅配参入 生協モデルで共働きに的:日本経済新聞