政府が公的年金の年齢上限見直しにカジを切った。受給開始年齢を70歳超も選べるようにし、先送り分の受給額を積み増す方針。「人生100年時代」には安心して老後を過ごすための資金確保が課題だ。年金の活用をにらみいつまで働くか、個人のキャリア設計や資産などに合わせた選択を迫られる。定年引き上げや再雇用支援など企業の受け皿作りも加速する。
公的年金にはもらい始める年齢を原則の65歳から早める「繰り上げ」と…

情報源: 年金開始70歳超も可能に 「人生100年」いつまで働く?:日本経済新聞