小売店に「学び」を求める消費者が増えている。物を買うだけでなく、技術や知識を身につけ人ともつながりたい客と、店や商品になじんでほしい売り手。双方の思いが重なり「学べる店」が各地に広がる。
■イートインの大テーブルでほぼ毎日開催
仙台市に2017年秋開業したみやぎ生協錦町店。1階は物販、2階はソファやカウンター、子供の遊び場がある約100席のイートイン「コープカフェ」だ。一角ではハンバーガーも提供す…

情報源: 花、料理…店は学びの場 費用や時間の壁を崩す:日本経済新聞