2040年に4割該当
1人暮らしが増えている。国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計によれば、2015年は約1841万8千となり、家族類型別のトップだ。
少子高齢化によって総人口は減るものの1人暮らし世帯が増えるため、世帯総数は15年の5333万2千から23年に5418万9千世帯となるまで増え続ける。40年には5075万7千と微減する。
しかし、1人暮らし世帯の増加は世帯総数が減少に転じた後も止まらず、32年に2029万2千世帯でピークを迎えるまで続く。
その後は実数こそ減るが、世帯全体に占める割合は40年に39・3%(15年は34・5%)となる。日本は、5世帯に2世帯が該当する「1人暮らし社会」を迎えるのである。
なぜ1人暮らしは増えるのだろうか。生涯未婚率が伸び続けていることでも分かるように、結婚しない人が増えていることが大きい。離婚や配偶者と死別後に再婚しないという人もいる。
これらの要因に加えて1人暮らし世帯数を押し上げているのが長寿化だ・・・

情報源: 1人暮らし対策 高齢者カップルも選択肢だ 論説委員・河合雅司:産経ニュース