三菱UFJ信託銀行は20日、加齢に伴う衰えが資産運用などの金融行動に与える影響について慶応大と共同研究を始めると発表した。ファイナンシャル・ジェロントロジー(金融老年学)と呼ばれる分野で、長寿社会に適した金融商品やサービスの開発につなげる。
「人生100年時代」では、早期に資産を取り崩し始めると途中で枯渇してしま…

情報源: 加齢 運用へ影響は 三菱UFJ信託、慶大と研究:日本経済新聞