国立循環器病研究センター(国循、吹田市)が、健康増進に効果が出るように運動器具の配置を監修した「健康増進広場」(同市岸部新町)が3月31日、JR岸辺駅前で建設が進む北大阪健康医療都市「健都」の一角にオープンする。午前に記念式典が開かれ、同日正午に使用開始される。 
国循や吹田市民病院が移転予定のエリアの南西にある、約1万1500平方メートルの広場が活用される。
広場の一部はゴムや木材のチップを混ぜた軟らかいアスファルトで舗装され、走ったり歩いたりする際に脚の負担を減らす効果を狙う。27種類の運動器具を決められた順番にまわり、体を伸ばすストレッチや筋力トレーニングができる6エリアを設ける。それぞれの運動器具で、使用法を説明する看板も用意する。・・・

情報源: 吹田に来月末「健康増進広場」…運動器具27種 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)