日本は世界一の「超高齢社会」に突入した。悲観的な論調も多いが、三菱総研理事長の小宮山宏氏は「実態の変化に人々のメンタリティが追いついていない。たとえば『定年制』はもう時代遅れだ。これから世界中が高齢化していくのだから、日本はその先駆けになるチャンスを持っている」という――。

紀元1000年頃の平均寿命は24歳だった
「少子高齢化」と言いますが、「少子」と「高齢化」は分けて考えるべきでしょう。もちろん、2つは影響し合っていますが、対策を考えるときには切り離す必要があります。
今回は後者の「高齢化」を考えてみたいと思います。高齢化の要因の1つは「長寿化」です。寿命が延びたために高齢者が増えているのです。2016年の平均寿命は、男性が80.98歳、女性が87.14歳。1985年は男性が74.78歳、女性が80.48歳ですから、31年間で男性が6.2歳、女性が6.66歳も延びています。
イギリスの経済学者、アンガス・マディソンによると・・・

情報源: 前川製作所が定年で社員を切らないワケ | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online