糖尿病の薬が効きすぎると低血糖が起こるが、高齢者は手のふるえなどの典型的な症状が現れにくいため、低血糖に気づかず重症化しやすい。重症の低血糖は転倒、認知症、脳梗塞・心筋梗塞のリスクになる。低血糖を起こしやすい薬はスルホニル尿素薬やインスリン製剤など。低血糖が起こったらすぐにブドウ糖や砂糖を口に入れること。感染症などの場合に脱水と著しい高血糖が起こる高浸透圧高血糖状態にも高齢者は注意したい。

3月6日(火) 13:35~13:50 (15分) NHKEテレ

番組情報:きょうの健康 糖尿病 高齢者の新対策「血糖値の急変に注意」