交通事故を防止する製品・サービスが広がりを見せている。加減速やハンドル操作などを「見える化」し、安全運転を意識させる。特に高齢者向けサービスが注目だ。交通事故防止のほか、詐欺被害を防ぐ効果もあったという。

■家族が運転状況を共有 
高齢者の運転による交通事故が大きな社会課題になっている。交通事故による死亡者数の割合では75歳から急激に増える。国立社会保障・人口問題研究所によると、50年後には日本の…

情報源: 高齢者運転「見守り」 家族に危険通知、意外な効果も:日本経済新聞