パナソニックサイクルテックの「XM1」 は、国内メーカーで初めて電動アシスト機能を搭載したマウンテンバイクだ。主婦が子どもの送り迎えや買い物に用いる「ママチャリ」の印象を大きく覆し、野山を疾走する走行性能と高いデザイン性を実現した。(白櫨正一)  

「楽しむ」を提案
「『楽する』ではなく『楽しむ』自転車を提案しないと市場が広がらない」
・・・
それでも揺るぎない確信があった。金森は月1回程度、奈良県の山をマウンテンバイクで駆け抜けている。奈良公園などの平らな道で、マウンテンバイクに乗った年配者の姿を度々目にする。バブル期にサイクリングを楽しんだ若者が、すでに40~60歳代になっている。「ペダルをこぐ力をモーターが補助する電動アシスト自転車なら、昔のように山道の走行を楽しめるはずだ」との思いを強めた。 
・・・
抜群の話題性
「えらいもん作ってくれましたね」「本格的な電動スポーツタイプの幕開けだ」・・・

情報源: 電動アシスト自転車「XM1」(パナソニックサイクルテック): 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)