糖尿病の高齢者は認知機能が低下しやすい。食事療法や薬の服用が難しければ、家族の手助けや介護保険のサービス利用で対応する。認知機能の維持には外出や人との交流を促すこと。また糖尿病の高齢者は筋力や体力が低下するサルコペニアになりやすい。十分なエネルギー量とたんぱく質をとること。転倒・骨折して寝たきりになってはならない。予防にはレジスタンス運動で筋肉をつける。いすを使った簡単なスクワットなどを実演する。

3月8日(木) 13:35~13:50 (15分) NHKEテレ

番組情報:きょうの健康 糖尿病 高齢者の新対策「老化に伴う合併症」