2017年度の在宅高齢者向け配食サービス市場は、前年比3.4%増となる見通し。今後も高齢化や医療・介護の在宅化の推進による成長が期待される。そうした中、各社はFC店舗の開拓、配送エリアの拡大、冷凍弁当・惣菜セットの投入等に注力している。当資料は、在宅高齢者向け配食サービス市場を種類別、配送方法別等で分析するとともに、参入企業の生産・仕入れ体制、営業体制・販売手法等についても調査している。

概要
◆2017年度の在宅高齢者向け配食サービスの市場規模は、前年比3.4%増の1,412億円規模まで拡大する見通し。同市場は、高齢化の進展や生活習慣病患者・予備軍の増加を背景に堅調な推移が続いている。今後も、高齢者世帯の増加や政府による医療・介護の在宅化の推進等により、さらなる市場成長が期待できる状況にある。参入各社は、(1)空白地域におけるFC店舗の開拓、(2)配送エリアの拡大、(3)冷凍弁当・惣菜セットの投入などに注力し、需要の取り込みを図っている。
◆種類別でみると、普通食、調整食、咀嚼ケア食のいずれも市場が拡大している。特に、カロリーやたんぱく質、塩分などを調整した調整食は、高齢者層だけでなく、糖尿病や腎臓病、高血圧症などに悩む中高年層の需要を獲得し、市場成長が続いている。また、咀嚼ケア食では、在宅要介護高齢者の増加に伴い、調理に手間のかかるやわらか食やムース食のニーズが拡大。このため、参入各社は、酵素の作用で食材を軟化させる『凍結含浸法』など、独自技術を活用した商品開発に努め、需要を喚起している。
◆当資料では、こうした動向を踏まえ、在宅高齢者向け配食サービス市場を種類別、温度帯別、配食ブランド別、配送方法別などにより分析。さらに、生産・仕入れ体制、営業体制・販売手法、顧客分析、運営システム、今後の事業展開など参入企業の動向を調査し、今後の在宅高齢者向け配食サービス市場におけるマーケティング活動に資するレポートとなっている。・・・

情報源: TPCマーケティングリサーチ株式会社、在宅高齢者向け配食サービス市場について調査結果を発表 | TPCマーケティングリサーチ株式会社 | プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』