「朝日 健康・医療フォーラム2018」が1月27日、東京都千代田区のJPタワーで開かれた。最新の長寿研究や、口まわりのささいなトラブルから全身の機能の衰えをとらえる「オーラルフレイル」をテーマに専門家が解説した。

「フレイル」とは、英語で「虚弱」を意味する「frailty」からきている。年をとり、心身の活力が衰え、弱々しくなった状態のことを言う。マラソンに例えると、最終の競技場に入ってきた時の感じだ。
明るい前向きな気持ちで予防意識を高めてもらうことが大事で、そのための三つの概念がこの言葉には込められている。
一つ目は、健康と介護が必要な状態の「中間」の時期である。年をとると、体がさびつき、ささいな衰えが出てくる。しかし、ふだんの生活ではそこまで困らず、人の手を借りるほどではなく、介護も必要ではない。そうした微妙な長い長い中間の時期である。
二つ目は、頑張れば大なり小なり様々な機能を戻せる「可逆性」がある。筋肉だけではなく、「週末はどこかに行きたい」というような人間的な機能も含む。ただ、戻せるかどうかは自分次第。「よっしゃ」という気持ちにならないと何も起こらない。ギアチェンジができるかが、ターニングポイントになる。
三つ目は「多面的」であること。腰が曲がったとか、ひざが痛いといった体の衰えを想像しがちだが、それだけではない。「人の集団に入るのは嫌だ」という心理面のほか、経済的困窮や孤食といった社会的フレイルもある。
フレイル予防は、運動、食と栄養、社会参加を三位一体で、継続していくことが三本の柱になっている。
対策として、・・・

情報源: オーラルフレイル、気づきで防ぐ全身の衰え:朝日新聞デジタル