「朝日 健康・医療フォーラム2018」が1月27日、東京都千代田区のJPタワーで開かれた。最新の長寿研究や、口まわりのささいなトラブルから全身の機能の衰えをとらえる「オーラルフレイル」をテーマに専門家が解説した。

認知症を遅らせる「先制医療」が切り札 岡野栄之さん(慶応大学教授)
超高齢化社会では再生医療と先制医療が切り札になる。再生医療は今そこにいる難病の患者さんを救う医療。先制医療は病気の発症を防いだり進行を遅らせたりする医療だ。
私たちの研究室は脊髄(せきずい)損傷の再生医療を20年以上研究している。けがをしてからなるべく早く移植できるように事前に他人のiPS細胞からつくった神経幹細胞を患者さんに移植する準備を進めている。将来的には高齢者も対象にしたい。
認知症による社会的費用の損失は年間14・5兆円と言われる。日本のGDP500兆円の約3%。今後その割合は増える。どう食い止めるかが緊急の課題。慶応大の経済学者の試算によると、認知症の発症を5年遅らせると、経済的損失は約半分に減るという。・・・

炎症抑えれば老いの制御も 広瀬信義さん(慶応大特別招聘教授)
全国約1500人とその家族(420家系)に協力してもらい、100歳以上のお年寄り「百寿者」を調べた。幸せな健康長寿のひけつや、年をとるとどうなるかなどを明らかにするのが目的だ。
1963年には全国で100歳以上の人は153人だったが、2017年には6万7千人で400倍以上増えた。男女比は7対1で女性が圧倒的に多い。世界的には米国が最も多く、日本、中国、インド、イタリアが続く。人口比では日本が圧倒的に多い。
百寿者で認知症がない人は約3~4割。4割は自分で自分のことができる。女性は認知症で介助が必要な人や、寝たきりの人が多い。これは世界的な傾向だ。女性は骨粗鬆症(こつそしょうしょう)や変形性関節症のように命には関わらないが、動きが悪くなる病気になりやすい。男性は心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞のような致命的な病気になりやすいからとみられる。・・・
・・・

情報源: 百寿者になるには 「幸せ感」高い、独自の世界観:朝日新聞デジタル