「人生100年時代」と言われる今、米国ニューヨークの国連本部で演説した80代の日本人女性がいます。アプリ開発者、若宮正子さん(82)に取材し、常に前向きに学ぶ姿に私たちも刺激を受けました。

80代のアプリ開発者・若宮さん 国連で演説
国連で2月に開かれた高齢者とICT(情報通信技術)に関するイベントで、英語で基調講演を行うという大役を果たした若宮さん。演説では、自身の経験を交えながら、「ICTは、独り暮らしの高齢者の孤独感を解消する手段になる」などと語り、喝采を浴びました。
同世代の人々のICT活用を推進するブロードバンドスクール協会の役員を務めるほか、政府の「人生100年時代構想会議」有識者メンバーでもある若宮さんですが、最初に国連からスピーチ要請の電子メールが送られてきた時は、「何かの冗談かと思った」そう。要請は本物と分かったものの、渡航費用は原則、自分持ち。出席すべきか悩みましたが、「高齢者の間にICTを広めたい、という私の考えを広く発信できるチャンスと思い」引き受けたといいます。英語に関して不安がなかったかと尋ねると、「私のようななまりの強い英語を話す人は国連では当たり前ですし、私が話せば、あとに続く人もやりやすいのでは」と、自然体でした。
若宮さんには「応援団」ともいうべき支援グループがあり、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて渡航費用を集めてくださったり、演説に使うスライドを見栄え良く仕上げてくださったり……

情報源: 高齢者にICT広めたい : 中高生新聞 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)